嫌われ松子の一生

私の好きな映画は中島哲也監督、中谷美紀主演の「嫌われ松子の一生」です。
この映画は山田宗樹原作の同名「嫌われ松子の一生」が原作となっています。

物語は昭和22年、福岡県大川市に生まれた川尻松子という女性の一生を綴っています。
病弱な妹と二人姉妹で育った松子。父の目は病弱な妹の方に向きがちで松子は小さい時親の気をひくため優等生で父の希望通り国立大学に入学し、地元の中学教師となります。
しかし教え子に財布の窃盗の濡れ衣を着せられ教師を首になることに。
そこから松子の転落人生が始まります。実家を飛び出し小説家くずれの男と同棲し暴力を振るわれながら挙句に自殺され、その後風俗嬢になると薬の売人のヒモ男に騙され殺人を犯し刑務所生活に。
その後も松子を首に追いやった元教え子のヤクザの男と再会しまたも振り回され…
人生に疲れ切った松子は家にひきこもり醜く太り、やがて精神も病み、夜道でオヤジ狩りならぬオバサン狩りにあい撲殺されて一生を終えるのです。

あらすじだけ聞くと救いようもない暗い内容なのですが、映像はまるでディズニー映画のように巧みにCGを取り入れた色鮮やかな世界で松子の果てしなく不器用で救いようもない人生を時にコミカルに、時に感動的に表現しています。
主演の中谷美紀は松子そのものです。
彼女本人も松子に入れこみ、全身全霊で松子を演じきったとインタビューで述べていましたが、彼女が演じた松子は美しく妖艶でとても不器用で愛情深く魅力的です。
決してなりたい人生ではないけれど魂を削って男を愛し生涯を生き抜いた松子の人生はとても眩しく輝いて見えました。

私はこの映画を観て「生きるとは何か」と考えさせられました。
幼い時から親の愛情に飢えていた松子。
大人になっても常に愛情に飢えていて誰かを愛したい、愛されたいと強く望んでいました。
小さい時からの寂しさを埋めることはできず、晩年は「生まれてきてすみません」と部屋に書き殴る日々。
やはり人は愛し愛されることによって自己を肯定し、精神的な安らぎを得られるのでしょう。
この映画を観て身近な子供、家族を大切にしようと改めて思いました。

関連記事

ブロウ

ちょっと前の映画になりますが、ブロウ面白かったです。伝説のドラッグディーラーの半生をジョニーデップが

記事を読む

ハングオーバー 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い

初めてハングオーバーを見たのは飛行機の機内でやっていた映画の一つでした。 内容としては結婚式を2日

記事を読む

パプリカ

最近見た映画で面白かったのは今敏監督、筒井康隆原作の「パプリカ」です。 2006年の作品ですので新

記事を読む

すーちゃん まいちゃん さわこさん

柴咲コウさん、真木ようこさん、寺島しのぶさん出演の2012年公開の映画です。原作は、益田ミリさんの「

記事を読む

素晴らしき哉人生

とあるアメリカの街で住宅供給機構を営む家で育ちその家業を継いだ青年実業家の物語です。 お話はその青

記事を読む

しあわせのパン

北海道の洞爺湖の湖畔にあるパンカフェを舞台にしたまったりほんわか系の映画です。 大好きなのでDVD

記事を読む

きっと、うまくいく

最近の映画で一番面白かったのはインド映画の「きっと、うまくいく」です。 インド映画といえば、唐

記事を読む

ジョンQ-最後の決断ー

私はレンタルも合わせ年間30本以上の映画を見ます。邦画も見ますが、主に洋画、その中でもアメリカ映画を

記事を読む

アナと雪の女王

アナと雪の女王を映画館で見ました。最近見た映画で面白かったのはディズニー好きなので断然アナと雪の女王

記事を読む

キック・アス

オタクの男子がヒーローに憧れ、自分も衣装に身を包みヒーローになろうとする映画「キック・アス」。 超

記事を読む

るろうに剣心 京都大火編 伝説の最期編

昔、見ていたアニメだったので、どういう映画になるのか興味もあり、主役が

僕のピアノコンチェルト

僕のピアノコンツェルトは名作です。 映画の内容に合わせ、主演の男の子

劇場版「進撃の巨人」前編~紅蓮の弓矢~

テレビアニメ進撃の巨人を再編集した劇場版の前編です。 内容を説明する

宇宙人ポール

題名からも分かる通り、エイリアンが出てくる映画なのですが、かなり秀逸な

ロマンシング・ストーン 秘宝の谷

この映画は恋愛アドベンチャーです。冒険物を書く女流作家が、誘拐された姉

→もっと見る

PAGE TOP ↑