ホワイトタイガー

私が最近観た映画の中で一番のおすすめは、ソ連製映画である「ホワイトタイガー」というものです。これは当時の戦車がそのまま撮影に使われているということで、ミリオタの人から注目を集めている映画でした。

おおまかなストーリーは、瀕死の重傷を負った一人の戦車兵が、奇跡的に復活して宿敵であるホワイトタイガーを仕留めに行くというものです。

この作品の一番の見所は、戦車の魅力を余すことなく引き出していることでしょう。例えば戦車が移動する時のキャタピラの重い金属音だったり、砲塔の旋回の擦れ合うような音などは重厚であるという他ないでしょう。また、戦闘シーンでは戦車の内部の様子が映し出されることが何度かありました。狭い戦車内、力いっぱいに行われる操縦、狭くて中々見えない視界、装填手の様子などあらゆるものが臨場感に溢れているのです。

私は所謂ミリオタと言われて久しいですが、戦車がメインの映画を観たのは今回が初めてです。この映画がきっかけになって、私は戦車のことを良く調べるようになりました。例えば今回の撮影で使われていたT-34などはソ連の代表的な戦車として長い間活躍しましたし、上質な兵器が多いドイツのそれと比較しても何ら引けをとらない性能をしていたことを知りました。

一時期東部戦線のことについて調べるのを趣味にしていたので大まかなスペックなどは把握していたのですが、戦車にフォーカスした文献を読んだことはありませんでした。なので、この映画によって私の視野は広がったと言えます。

この映画のストーリーは少しオカルトじみた所があって、破壊されたT-34の神と主人公が脳内で会話をするというシーンもあります。なのでガチガチな戦争映画ではありません。しかし硬派さは健在ですし、何よりもソ連製ということで重厚さや雰囲気はすさまじいものがあります。戦車好きなミリタリーファンだったり、雰囲気重視の珍しい映画を観たいという人にはおすすめの映画だと思っています。

この映画との出会いは偶然でしたが、これを機にソ連製映画の世界にはまってしまいそうです。

関連記事

RED/レッド

完全アクションの映画です。 映画公開のCMで知りました。レンタルまで待ちついに見ることが出

記事を読む

るろうに剣心 京都大火編 伝説の最期編

昔、見ていたアニメだったので、どういう映画になるのか興味もあり、主役が若手で人気の俳優えd、私が大フ

記事を読む

ランボー

私がお薦めする映画は”ランボー”です。この映画は誰もが知るランボー演じるシルベスタ・スターロンの出世

記事を読む

UNDER WORLD

私がお薦めする映画は”UNDER WORLD”です。基本的には洋画派であり、アクション映画を好みます

記事を読む

るろうに剣心 京都大火編 伝説の最期編

昔、見ていたアニメだったので、どういう映画になるのか興味もあり、主役が

僕のピアノコンチェルト

僕のピアノコンツェルトは名作です。 映画の内容に合わせ、主演の男の子

劇場版「進撃の巨人」前編~紅蓮の弓矢~

テレビアニメ進撃の巨人を再編集した劇場版の前編です。 内容を説明する

宇宙人ポール

題名からも分かる通り、エイリアンが出てくる映画なのですが、かなり秀逸な

ロマンシング・ストーン 秘宝の谷

この映画は恋愛アドベンチャーです。冒険物を書く女流作家が、誘拐された姉

→もっと見る

PAGE TOP ↑