ハングオーバー 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い

初めてハングオーバーを見たのは飛行機の機内でやっていた映画の一つでした。
内容としては結婚式を2日後に控えた1人の主人公が親友と義理の弟と共にバチェラー・パーティーとして、ラスベガスに旅行に行くいう内容です。
まずバチェラー・パーティーはこの映画で初めて知りました。日本にはあまりこのような習慣はないため、とても新鮮に感じました。最後の独身を楽しむパーティーは最近は日本でも取り入れられているようですが。

どうやってそこまで羽を伸ばせば虎や見知らぬ赤ん坊がいたりするのかとても疑問に思いました。
全員が二日酔いで記憶もほとんどなく、結婚式を前日に控えた一人の主人公も行方不明。

寝起き早々理解できない光景が彼らの目の前に広がり、いなくなってしまった一人の親友を二日酔いの頭で必死に思い出そうとするというストーリーです。

心や体が疲れてしまったときに私はよくハングオーバーを見ています。話は3部作あり、なぜだか行方不明になった一人の男性はいつも途中いなくなります。メインの主人公はその他の3人ですがなぜだかいつも二日酔いで記憶が全くなく、酷い状態で目が覚めます。こんな状態は体験したくないけど、見ていて腹の底から笑うことが出来、今まで見てきたコメディの中で一番の傑作ではないかと思っています。

エンディングでは目覚める前の酔っぱらっているシーンがたくさん流れ、そのときどうなったら目覚めたときの状態になっているのか分かる最後まで笑いの絶えない作品です。

3部作全てを見ましたが、私は1番最初の作品が好きです。衝撃を覚えたことと、内容もとても凝っていて、印象強い作品だったからです。海外ならではの表現や最低ぶりが再現されていて、日本ではきっと作れない作品だと思います。男性同士がパーティーをするとこんなにもハチャメチャで楽しい結果になるのかと感心しました。結果としてはホテルもめちゃくちゃですし、虎はいるし、赤ん坊もいるし友達は行方不明だしで大変そうですが、きっと女性には真似のできない楽しみ方なのかなと思いました。
時には後先考えずただただ楽しい!!と心から感じる行動も必要なのだとこの映画を見て感じました。

少し下品な内容も含みますが、元気になりたい方や、悲しい・つらいと思った方は是非この映画を見てほしいと思いました。

関連記事

ジョンQ-最後の決断ー

私はレンタルも合わせ年間30本以上の映画を見ます。邦画も見ますが、主に洋画、その中でもアメリカ映画を

記事を読む

すーちゃん まいちゃん さわこさん

柴咲コウさん、真木ようこさん、寺島しのぶさん出演の2012年公開の映画です。原作は、益田ミリさんの「

記事を読む

ブロウ

ちょっと前の映画になりますが、ブロウ面白かったです。伝説のドラッグディーラーの半生をジョニーデップが

記事を読む

しあわせのパン

北海道の洞爺湖の湖畔にあるパンカフェを舞台にしたまったりほんわか系の映画です。 大好きなのでDVD

記事を読む

嫌われ松子の一生

私の好きな映画は中島哲也監督、中谷美紀主演の「嫌われ松子の一生」です。 この映画は山田宗樹原作の同

記事を読む

僕のピアノコンチェルト

僕のピアノコンツェルトは名作です。 映画の内容に合わせ、主演の男の子の素晴らしさに感動しました。

記事を読む

素晴らしき哉人生

とあるアメリカの街で住宅供給機構を営む家で育ちその家業を継いだ青年実業家の物語です。 お話はその青

記事を読む

パプリカ

最近見た映画で面白かったのは今敏監督、筒井康隆原作の「パプリカ」です。 2006年の作品ですので新

記事を読む

アナと雪の女王

アナと雪の女王を映画館で見ました。最近見た映画で面白かったのはディズニー好きなので断然アナと雪の女王

記事を読む

キック・アス

オタクの男子がヒーローに憧れ、自分も衣装に身を包みヒーローになろうとする映画「キック・アス」。 超

記事を読む

るろうに剣心 京都大火編 伝説の最期編

昔、見ていたアニメだったので、どういう映画になるのか興味もあり、主役が

僕のピアノコンチェルト

僕のピアノコンツェルトは名作です。 映画の内容に合わせ、主演の男の子

劇場版「進撃の巨人」前編~紅蓮の弓矢~

テレビアニメ進撃の巨人を再編集した劇場版の前編です。 内容を説明する

宇宙人ポール

題名からも分かる通り、エイリアンが出てくる映画なのですが、かなり秀逸な

ロマンシング・ストーン 秘宝の谷

この映画は恋愛アドベンチャーです。冒険物を書く女流作家が、誘拐された姉

→もっと見る

PAGE TOP ↑