UNDER WORLD

私がお薦めする映画は”UNDER WORLD”です。基本的には洋画派であり、アクション映画を好みますが、この映画はこれまで見てきたアクション映画の中でも私のトップ3に入るほどのお気に入りです。
 
 本映画の出演者は主人公ケイト・ベッキンセール。そして、パイレーツ・オブ・カリビアンでタコ船長としても出演していたビル・ナイが出演しています。本映画はイギリスの演者等で構成されており、撮影はアメリカを拠点にしていますが、キャストはイギリス人での構成に拘っているようです。

 本映画はシリーズ化されており、人気を伺えます。2003年のアンダーワールドから始まり、アンダーワールド2、ビギンズ、ウェイキングと4作品がリリースされています。次回作も恐らく公開されるはずです。

 この映画のストーリーはヴァンパイア(吸血鬼)とライカン(狼男)の長らく続く種の権力争いです。この2種はいづれもコルヴィナスの同一血統でありながら、権力闘争を数世紀に渡り繰り広げてきました。ヴァンパイアはライカンを奴隷として扱ってきた過去があり、ライカンがこれに反発。ライカンに強力なリーダーが誕生することで反旗を翻します。そして禁断とされるライカンとヴァンパイアの恋の行く手を追うストーリーはビギンズに収録されています。主人公のケイト演じるセリーンは元は人間でありながらも、ヴァンパイアの長老ビクターの手によりヴァンパイアとなります。ビクターはセリーンを嘗て自ら処刑した愛娘にその面影を見て、セリーンをヴァンパイアとしますが、セリーンを騙していました。事実を知るセリーンはビクターへの復讐を企て、やがて一族を追われることになります。ライカンとの戦闘もありますが、その過程でコルヴィナスの末裔マイケルと恋におち、同じ境遇を二人で乗り切っていくというストーリーです。

 この映画の見所は何と言っても、ヴァンパイアとライカンの持つ世界観。非常に世界観を重視しています。これほどの世界観は映画も舞台として非常に雰囲気もあります。また、セリーンのアクションも見どころでかなりクールです。超人的な能力を持つ戦闘シーンでは、本当にスタイリッシュでクールにつきます。コテコテのアクションというよりも、男くさくないセンスあるアクションは目を離せないばかりか、記憶にも残ります。

 まだ本作品は完結していませんが、今後のセリーンのアクションとストーリーに期待しています。是非一度ご視聴下さい。

関連記事

RED/レッド

完全アクションの映画です。 映画公開のCMで知りました。レンタルまで待ちついに見ることが出

記事を読む

ランボー

私がお薦めする映画は”ランボー”です。この映画は誰もが知るランボー演じるシルベスタ・スターロンの出世

記事を読む

るろうに剣心 京都大火編 伝説の最期編

昔、見ていたアニメだったので、どういう映画になるのか興味もあり、主役が若手で人気の俳優えd、私が大フ

記事を読む

ホワイトタイガー

私が最近観た映画の中で一番のおすすめは、ソ連製映画である「ホワイトタイガー」というものです。これは当

記事を読む

るろうに剣心 京都大火編 伝説の最期編

昔、見ていたアニメだったので、どういう映画になるのか興味もあり、主役が

僕のピアノコンチェルト

僕のピアノコンツェルトは名作です。 映画の内容に合わせ、主演の男の子

劇場版「進撃の巨人」前編~紅蓮の弓矢~

テレビアニメ進撃の巨人を再編集した劇場版の前編です。 内容を説明する

宇宙人ポール

題名からも分かる通り、エイリアンが出てくる映画なのですが、かなり秀逸な

ロマンシング・ストーン 秘宝の谷

この映画は恋愛アドベンチャーです。冒険物を書く女流作家が、誘拐された姉

→もっと見る

PAGE TOP ↑