SAW

私のお薦めする映画は”SAW”です。ご存知の方も多くいらっしゃると思いますが、ホラーサスペンスとしてこれほどクオリティーの高さには非常に満足しています。シリーズ化されており、人気の高さを伺えます。

 この映画のストーリーは極めて惨殺であり、巧妙であり、そして登場する人物たちの関連性にあります。主犯格のジグソウはある特定の個人に対して究極の選択を迫ります。例えば自分の大切な者や人たちを、自らを犠牲にしてまで守り通せるか・・・。或いは、過去の過ちを認めることができるか・・・。いづれにしても何を守る、得ようとすると何かを失ってしまうという究極も選択です。失うものは、自らの体の一部であり、または命自体を失ってしまう。そんな究極の選択をジグソウは迫り、実験かの如く繰り返します。世間では怪奇な殺人事件として報道されますが、操作に乗り出した警察官もジグソウのゲームに参加させられてしまうはめになってしまったりと、様々なゲームを通して、このジグソウの人間像や価値観、哲学が次第に明るみになっていきます。ここが一つの見所であり、”何故こんなゲームをするのか?”というこの映画の本質を徐々に知ることができる、シリーズを通して完結するこの緩やかな描写の仕方は非常に面白い所です。一視聴者として、次回作への期待やストーリーの展開が気になりだしたら止まらない!そんなワクワク感をくすぐられる作品がこのSAWです。

 この作品の見所は、ズバリ究極の選択を迫られた被験者の心理の変化や、複数の被験者の場合はその人間模様に描かれています。そして、結果的に痛みを伴うゲームでの強烈なまでの惨殺なシーン。正直様々な惨殺のシーンは生々しく、思わず目をそらしてしますシーンが本編にはいくつも登場します。私は気持ち悪くなってしまうほどでした。しかしながら、それでも全シリーズを観られずにはいられなかったのは、ストーリーの中で徐々に明るみになる真相・真実を知りたいという好奇心と、知った時の驚き、スッキリ感が私を駆り立て、興奮せざるにはいれませんでした。

 本当にこれほどワクワクする恐怖の映画もこれまで観たことはありません。かなりグロテクスな表現も含まれますが、ストーリー性は超一級品です。是非、一度ご覧ください!!

関連記事

カリートの道

伝説の麻薬王カリートが5年間いた刑務所から釈放され、その後の彼の人生がこの映画に映しだされています。

記事を読む

ブラック・スワン

アカデミー主演女優賞を獲得したナタリー・ポートマン主演の「ブラック・スワン」。 話題作とあって、日

記事を読む

オカルト

1部映画館で使われている用語に、「ニッチフィルム」というものがあります。 一般向けの映画では満

記事を読む

キューブ

カナダの映画で、低予算で作られましたがかなり面白く、続編も出ています。気をつけたいのは出来が良いのは

記事を読む

るろうに剣心 京都大火編 伝説の最期編

昔、見ていたアニメだったので、どういう映画になるのか興味もあり、主役が

僕のピアノコンチェルト

僕のピアノコンツェルトは名作です。 映画の内容に合わせ、主演の男の子

劇場版「進撃の巨人」前編~紅蓮の弓矢~

テレビアニメ進撃の巨人を再編集した劇場版の前編です。 内容を説明する

宇宙人ポール

題名からも分かる通り、エイリアンが出てくる映画なのですが、かなり秀逸な

ロマンシング・ストーン 秘宝の谷

この映画は恋愛アドベンチャーです。冒険物を書く女流作家が、誘拐された姉

→もっと見る

PAGE TOP ↑