素晴らしき哉人生

とあるアメリカの街で住宅供給機構を営む家で育ちその家業を継いだ青年実業家の物語です。
お話はその青年が少年の頃から始まります。家の近くにある薬や兼雑貨屋さんのようなところで彼は
まだ子供なのにアルバイトの店番をしてお金を稼いでいました。
 そこへ同年代ぐらいの女の子たちがやってきて彼のことがカッコいいと噂しながらアイスクリームを注文します。
店主のお爺さんは店の奥で薬の調合をしていたのでしょうか、女の子たちはアイスクリームを作っている男の子になぜここで働いているのかを聞いています。
すると男の子は僕はお金を貯めて大きくなったら世界中を回って勉強してこの小さな街から飛び出すんだという夢を語りました。

 少年はおじいさんから薬の配達を頼まれましたがおじいさんが間違えて毒薬を入れたことに気がつき、その薬を配達しないでいました。
すると薬を頼んだ人からまだ届いていないと催促の電話がかかってきておじいさんは怒ります。
 少年はおじいさんに叩かれしまいましたが、なぜおじいさんが薬を入れ間違えたのかを知っていたのでそのことを話します。
おじいさんは一人息子が戦死してしまったことを知らせる電報を受け取ったばかりで振る舞いにはださなかったのですが内心取り乱していたのです。
その電報が目に入った少年はおじいさんのことを気遣い何も言わずに薬を届けなかったのです。そのことをおじいさんに話すと
おじいさんはその少年に涙を流しながら謝り、少年もこのこと(おじいさんが薬を入れ間違えたこと)は一生誰にも話さないと約束したのでした。

 この話はあまり映画の本筋とは関係がないのですが最後のほうに少しだけ関わってきます。
その後青年が大学を卒業しやっと街をでようとするとずっと好きだった友達の妹と再会することになります。パーティーの帰り道二人で歩いていると
古い廃墟がありその窓ガラスに願い事を込めて石を投げて割ると叶うという噂がありました。友達の妹である彼女も何も言わずに石を投げて窓ガラスを
割りました。それから彼は世界旅行へいくはずが家の仕事を継ぐことになりだんだんとその仕事にやりがいを求めていく話です。もちろんそれだけで
終わりではありませんが。

関連記事

僕のピアノコンチェルト

僕のピアノコンツェルトは名作です。 映画の内容に合わせ、主演の男の子の素晴らしさに感動しました。

記事を読む

嫌われ松子の一生

私の好きな映画は中島哲也監督、中谷美紀主演の「嫌われ松子の一生」です。 この映画は山田宗樹原作の同

記事を読む

きっと、うまくいく

最近の映画で一番面白かったのはインド映画の「きっと、うまくいく」です。 インド映画といえば、唐

記事を読む

ブロウ

ちょっと前の映画になりますが、ブロウ面白かったです。伝説のドラッグディーラーの半生をジョニーデップが

記事を読む

パプリカ

最近見た映画で面白かったのは今敏監督、筒井康隆原作の「パプリカ」です。 2006年の作品ですので新

記事を読む

しあわせのパン

北海道の洞爺湖の湖畔にあるパンカフェを舞台にしたまったりほんわか系の映画です。 大好きなのでDVD

記事を読む

ハングオーバー 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い

初めてハングオーバーを見たのは飛行機の機内でやっていた映画の一つでした。 内容としては結婚式を2日

記事を読む

ジョンQ-最後の決断ー

私はレンタルも合わせ年間30本以上の映画を見ます。邦画も見ますが、主に洋画、その中でもアメリカ映画を

記事を読む

キック・アス

オタクの男子がヒーローに憧れ、自分も衣装に身を包みヒーローになろうとする映画「キック・アス」。 超

記事を読む

アナと雪の女王

アナと雪の女王を映画館で見ました。最近見た映画で面白かったのはディズニー好きなので断然アナと雪の女王

記事を読む

るろうに剣心 京都大火編 伝説の最期編

昔、見ていたアニメだったので、どういう映画になるのか興味もあり、主役が

僕のピアノコンチェルト

僕のピアノコンツェルトは名作です。 映画の内容に合わせ、主演の男の子

劇場版「進撃の巨人」前編~紅蓮の弓矢~

テレビアニメ進撃の巨人を再編集した劇場版の前編です。 内容を説明する

宇宙人ポール

題名からも分かる通り、エイリアンが出てくる映画なのですが、かなり秀逸な

ロマンシング・ストーン 秘宝の谷

この映画は恋愛アドベンチャーです。冒険物を書く女流作家が、誘拐された姉

→もっと見る

PAGE TOP ↑