永遠の0

愚直なまでに生きることを望み、最後まで家族の元へ生きて帰ると決心していたはずの、特攻隊員が、最後の最後に特攻に志願してしまう、その心の葛藤と、卑怯者と呼ばれていた主人公の本当の姿を、平成の孫が、特攻隊員たちを訪ねて真実の姿をつきとめる、そして全てが繋がっていったラスト。
近年稀なる名作であったと思います。永遠の0、素晴らしい映画でした。

まず、主人公を演じた岡田准一が素晴らしかったです。主人公の宮部そのものに見えました。
自分に厳しく、他人を部下を、思いやる。妻と娘への愛情溢れる表情も素晴らしかった。

名パイロットであるが故に全てを知りつくして、最後にある男に仁義を持って手紙を託す。
最後の最後に全ての運命の糸が繋がって、、気持ちがすーーっとなりました。
そして、戦争とはなんと悲惨なことなのか、涙無くしては見れませんでした。

戦争を引き起こし、人を人とも思わずまるで兵器のように扱い無駄死にさえさせる。怒りでいっぱいになりました。犠牲者が多過ぎました。
主人公と絡む過去と現在を演じている役者の方々も、どの人も素晴らしかったです。
過去を演じる名優達、現在を演じる若い役者、どちらも本当に役になりきっていました。

戦争は本当に悲惨です。そして誰も責任等ないようでした。全ての人間が犠牲者です。
自分が鉄砲となって特攻していく、、なんという恐ろしく、そして勇気のいることだったか。
しかもそれは若い若過ぎる人達でした。恐ろしい悲しい世界でした。
二度とこのような日本に、世界に、なってはいけないと思いました。

しかしながら、零戦や空母のグラフィックは素晴らしい映画でした。零戦が空中に舞う姿は美しいものでした。その姿に魅せられる気持ちがわかりました。
小説を先に読んではいたのですが、その方が良かったと個人的に思います。しっかりと物語が胸に入ってきました。小説を読み、映画を見て、又小説を読んでみました。素晴らしい物語、素晴らしい映画に出会えて感謝です。全ての人に見てもらいたい、出来るなら学校でも上演してほしいと思いました。
永遠の0 – 映画レビューブログ

関連記事

セデック・バレ

1930年、日本統治下の台湾で起こった先住民セデック族による抗日暴動事件を描いた全2部作で、2部とも

記事を読む

アマデウス

映画「アマデウス」 この作品は、誰もが耳にしたことがあるクラシック曲を生み出した天才作曲家ウォルフ

記事を読む

るろうに剣心 京都大火編 伝説の最期編

昔、見ていたアニメだったので、どういう映画になるのか興味もあり、主役が

僕のピアノコンチェルト

僕のピアノコンツェルトは名作です。 映画の内容に合わせ、主演の男の子

劇場版「進撃の巨人」前編~紅蓮の弓矢~

テレビアニメ進撃の巨人を再編集した劇場版の前編です。 内容を説明する

宇宙人ポール

題名からも分かる通り、エイリアンが出てくる映画なのですが、かなり秀逸な

ロマンシング・ストーン 秘宝の谷

この映画は恋愛アドベンチャーです。冒険物を書く女流作家が、誘拐された姉

→もっと見る

PAGE TOP ↑